WordPress超入門その② - ワードプレスサイト固定ページとメニューの設定

こちらは前回の記事「WordPress超入門 - ワードプレスサイトの作り方 基礎の基礎」の続きになります。

前回記事では、WordPressサイトのトップページの作成と設定を行いましたが、今回は、トップページ以外のページの作成とメニューの設定をしていきたいと思います。

固定ページの作成

トップページの作成と同様に、ダッシュボード左側「固定ページ」>「新規追加」から、個別ページを作成します。編集方法はこちらの記事を参考にしてください。

必要な個別ページが完成したら、今度は「外観」>「メニュー」をクリックしてください。

「新しいメニューを作成しましょう」をクリックし、メニュー名に適当なメニュー名を入力して、「メニューを作成」をクリックしてください。

メニュー作成画面左側「メニュー項目を追加」で、必要なページにチェックを入れて、「メニューに追加」をクリックすると、画面右側にチェックしたページが表示されるます。

あとは、下段「メニュー設定」の「メニューの位置」にチェックを入れて、「メニューを保存」をクリックしてください。

使用するテーマにもよりますが、これでホームページの上段(ヘッダー部分)にグローバルメニューが表示されるようになると思います。

WordPress超入門 - ワードプレスサイトの作り方 基礎の基礎 

ホームページを自分で作成しようと思って、サーバー・ドメインを契約して、WordPressをインストールしてみたものの、どうやって作ったらいいのか途方に暮れている方もいるかもしれません。

ここでは、まったくの初心者の方向けのワードプレスサイトの作り方をご案内したいと思います。

まずはWordPress管理画面にログイン

まずは、WordPressのユーザー名とパスワードを入力、ログインし、ダッシュボードにアクセスしてください。(ワードプレスのログイン画面にアクセスするURLは、「http://(ドメイン名)/wp-admin」になります。)

1.テーマを決めよう

WordPressには、有料・無料のたくさんのテーマ・テンプレートが公開されており、それをインストールすることによって、簡単にデザインやレイアウトを変えることができます。

まずは、ダッシュボード画面左側の「外観」>「テーマ」をクリックしてください。

すでにあらかじめいくつかのテーマが標準でインストール済みですので、その中から選んでもいいですし、「新規追加」で新たなテーマを導入することができます。

ここでは、新しくテーマをインストールしてみましょう。

「「

ここで、注目順や人気順、最新順などでたくさんのテーマが表示されます。驚いたことに、これらはすべて無料で使えます!気に入ったテーマを選んで、インストールしてください。

また、検索欄にテーマ名を入れて検索することもできます。

ちなみに、個人的にお勧めの無料テーマはこちらになります。

また、テーマによっては管理画面のテーマ一覧で登録されていないものもありますので、その場合テーマの公式サイトなどからダウンロードしてください。

テーマ自体は、基本的にコンテンツの内容そのままで、後からいくらでも変更できますので、自分に合うテーマをいろいろと試すことができます。

2.トップページを作ろう

作りたいサイトが、ブログサイトならこのトップページを作る作業は要らないので飛ばしてください。

それ以外でしたら、まずはトップページを作りましょう。

ダッシュボード画面左側の「固定ページ」>「新規追加」をクリックすると、固定ページの編集画面になります。

まずは、1段目にページタイトルを入れます。ここでは「HOME」としましょう。

2段目以降は、本文を入力します。文章や画像の他、いろいろなコンテンツブロックを追加することができます。要領はブログ記事の書き方と同じですので、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

3.ホームページの設定をしよう

今作った固定ページが、サイトにアクセスしたときにトップページとして表示されるように設定をしましょう。

ダッシュボード左側の「設定」>「表示設定」をクリックしてください。

表示設定、ホームページの表示で、「固定ページ」を選択し、ホームページの欄の中を「HOME」にしてください。出来ましたら、下段「変更を保存」をクリックしてください。

作りたいサイトがブログサイトで、先ほどのトップページの作成を飛ばした方は、ホームページの表示を「最新の投稿」を選択してください。その場合、ホームページにアクセスすると、ブログ記事の一覧が表示されるようになります。

まずはここまでで最低限のホームページ完成

とりあえずここまでで、ホームページにアクセスするとトップページの内容が表示されるようになります。ただし、使用するテーマによっては操作が異なる場合がありますのでご注意ください。

最低限のホームページは完成しましたが、これではトップページしかありませんので、次回は下位ページの追加とメニューの設定のご案内をさせていただきます。

今回はここまでにさせていただき、続きの記事はこちらになります。

ご自身で作成して納得がいかない方、EM Web Createにご相談ください

ご自身でWordPressサイトを作ってみたものの納得がいかないという方は、格安ホームページ制作のEM Web Createにご相談いただければと思います。ご要望に合わせて、WordPressサイトの修正・リニューアルを承っております。

【WordPress】初心者でも簡単、ブログ投稿の書き方

WordPressでは、HTMLなどのウェブの知識が無くても、簡単にブログ投稿ページの更新をすることができます。その投稿ページの書き方をご案内します。

まずはWordPress管理画面にログイン

まずは、WordPressのユーザー名とパスワードを入力、ログインし、ダッシュボードにアクセスしてください。

画面左側のメニュー「投稿」>「新規追加」を選択し、クリックすると新しいブログ記事の編集画面になります。

ブログ記事の書き方

WordPressの記事編集は現在、「グーテンベルク(Gutenberg)」というブロックを積み重ねていくような方式が標準になっております。慣れてしまえば、大変使いやすいエディタなのですが、これが使いにくいと感じたら、クラシックエディタ(Classic Editor)プラグインを入れることによって、グーテンベルク以前の方式に変えることもできます。

編集画面の1段目にページタイトルを入力します。

2段目以降に本文を入力していきます。

ブロックを追加する

ここでは、ブロック方式でコンテンツを追加していく、「グーテンベルク(Gutenberg)」で説明していきます。

画面左上の「+」をクリックしてブロックメニューを開き、追加したいブロックを選択します。

よく使うブロックの説明をします。

1.段落ブロック

「段落」ブロックは文章を記事本文に追加するためのブロックです。記事本文を作成する時の基本となるブロックです。改行(Enter)すると自動的に次の段落に移り、段落と段落の間にスペースが空きます。間隔を空けたくない場合は、Shift+Enterで、次の段落に移らずに改行できます。

2.画像ブロック

「画像」ブロックは記事本文に画像を追加することができます。PC内の画像ファイルをアップロードするかメディアライブラリ(すでにアップロード済みのファイル)から追加するか選択してください。

3.見出しブロック

「見出し」ブロックは見出しを記事本文に追加することができます。見出しの種類は h1 要素から h6 要素まで選択できます。

4.リストブロック

「リスト」ブロックで文章をリスト表示することができます。番号なしリストと番号付きリストの二種類があります。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3

5.表ブロック

表ブロックは表を記事本文に追加することができます。

6.ボタンブロック

ボタンブロックはボタンを記事本部に追加することができます。ボタンをクリックしたときのリンク先を設定することができます。

7.スペーサーブロック

スペーサーブロックは空白のエリアを記事本文の中に追加することができます。ブロックとブロックの間の間隔を空けたい場合に使います。

そのほかにも便利なブロックがたくさんありますが、ここでの説明は割愛させていただきます。

ブロックの移動

ブロックの上部の「Λ」「Ⅴ」をクリックしてブロックの位置を上下に移動することができます。

テキスト・画像の配置の変更

段落なら「テキストの配置を変更」、画像なら「配置を変更」で、左寄せ、中央寄せ、右寄せに配置を変えることができます。

「公開」をする

記事が完成したら、画面右上の「公開」をクリックして終了です。ページが公開されて一般のユーザーから見られる状態になります。

未公開で記事を保存したい場合は、公開状態を「非公開」にするか、「下書きへ切り替え」をクリックしてください。