【SEO対策】ブログページの必要性

格安ホームページ制作のEM Web Createです。スキルマーケット・ココナラで格安にてWordPressサイトの制作を承っております。

こちらはWordPressを使って、主に企業やお店のホームページを制作しております。せっかくWordPressでサイト制作するなら、WordPress最大の武器であるブログ機能を活用して、企業サイトやお店のサイトでも、SEO対策の観点からブログページや最新の情報をお知らせするページを入れるべきです。

SEO対策というのは、GoogleやYahoo!などで検索をしたときに上位に表示されるように対策をすることですが、なぜブログページが必要か、という理由を以下に述べたいと思います。

  • サイト全体のページ数や文章量、情報量が増える。
  • 検索されたブログページから企業紹介ページに流入が期待できる。
  • 常に最新の情報を更新することでリピーターが増える。

サイト全体のページ数や文章量、情報量が増える。

企業サイトにしてもお店のサイトにしても、必要なページ数は、トップページ含めて、普通5ページから10ページくらいではないでしょうか。

ブログページを随時に追加していくことによって、サイト全体のページ数や文章量、情報量を無制限に増やしていくことができます。

長期的に検索エンジンからのサイト全体の評価(ドメインパワー)を高めていくためには、ページ数や文章量、情報量を増やすのは重要な要素になってきます。ただし、内容の薄いコンテンツを無駄に増やしてもあまり意味がありませんので、質の高い、ユーザーに有益なコンテンツを追加するように心がけてください。

ちなみに、せっかくWordPressでサイトを制作したのに、アメーバブログなど、他のブログサービスにリンクで繋げているだけではSEO的にももったいないので、WordPressのブログを使うことをお勧めします。

検索されたブログページから企業紹介ページに流入が期待できる。

GoogleやYahoo!などの検索結果はページ単位で表示されるので、ページが増えるということは、検索される入り口が増えることを意味します。

検索からの訪問はトップページからアクセスされると思われがちですが、そうとは限りません。

また、トップページからのアクセスに頼っていると、社名やお店の名前など、限られたワードからの訪問しか期待できませんが、様々なワードを入れたブログページがあることによって、幅広い検索ワードからの訪問を期待できます。

常に最新の情報を更新することでリピーターが増える。

企業にしてもお店にしてもホームページが作られてから更新されてなくて、情報が古い、ということはよく見かけます。

長い期間更新されていないサイトは、ユーザーだけでなく検索エンジンにも良い評価はされません。

たとえ、ブログページがあっても長期間更新されていないようだと、このホームページの情報は古いんだ、という印象を与えてしまいます。

定期的にブログを追加するだけでなく、企業やお店の情報が新しくなったら更新する、ブログも必要に応じて加筆・修正することで、常に最新の情報で更新されていることがユーザーにとっても検索エンジンにとっても重要なことだと思います。

ブログの内容も重要

いくら毎日のようにブログを更新していても、肝心の内容が薄ければSEO的に効果は期待できません。

企業サイトで、ブログが個人の日記のように書かれていてもあまり意味がないでしょう。

ユーザーは、何かを知りたくて検索しています

そして、その知りたいことを正確にわかりやすく、見やすく教えてくれる、ユーザーにとって有益と思えるサイトを検索エンジンは上位に載せようとします。

つまり、その企業やお店に関連する事業の話や業界の話、商品の話など、ユーザーが知りたい、調べたいと思う内容を適切なキーワードを使って、検索に引っ掛かりやすいページを作成することによって、最終的には集客に結び付けることができるのではないかと思います。

サーバーとドメインについて

格安ホームページ制作のEM Web Createです。
スキルマーケット・ココナラでWordPressを使ったホームページ制作を承っております。

WordPressサイトを作成する際には、FC2ブログやアメブロ、無料のホームページサービスといった、手軽に始められる無料のサービスとは違い、必ずどこかの有料のレンタルサーバーを借りる必要があります。

サーバーとは

サーバーとは、ホームページのデータを保存しておくコンピュータのことで、レンタルサーバー業者の運営するサーバーにデータを転送し、そのホームページを見たいユーザーは、レンタルサーバー業者の運用するサーバーにアクセスしてホームページをみるという仕組みになっています。

WordPressサイトを作成したい場合は、そのレンタルサーバーのプランが、PHPやMySQLといったWordPressを動かす要件を満たしている必要があります。

さらに本格的にホームページを公開するには、レンタルサーバーだけでなく、独自ドメインというものも入手する必要があります。

独自ドメインについて

独自ドメインとは、○○.comや○○.jp、○○.netといったホームページのサイトアドレスのことです。これらの独自ドメインは、ドメイン会社から有料で入手することができ、毎年更新のたびに維持費がかかります。.comや.jpなどの語尾によって価格が変わってきますが、安いもので数十円~数千円(更新時に千円くらい~)かかってきます。

この独自ドメインを取得しなくても、レンタルサーバーから賦与される初期ドメインでも公開できないことはないですが、本格的に会社やお店のホームページを構えようと思ったら独自ドメインでの運営をお勧めします。ユーザー側から見ても、サーバー会社が提供する○○.xsrv.jpや○○.lolipop.jpのようにサーバー会社名が入る初期ドメインより、○○.comや○○.jpのようにスッキリしていた方が、信頼感が増します。

独自ドメインなら管理会社を変えたり、レンタルサーバーを別の会社に移したとしても、アドレスを変えずにずっといつまでも使用し続けることができます。

独自ドメインは、会社名やお店のお名前と同じで、長く付き合っていくものになりますので、名前付けやアドレス語尾など、妥協せずに決めていただければと思います。

独自ドメインは長く使えば使うほど、検索で上位に挙がってきやすくなるSEO効果もあるので、例えホームページをリニューアルして新しくしても、ドメインは変えずにずっと使い続ける方が良いです。

レンタルサーバーと独自ドメインを使うメリット

最初に申し上げたように、WordPressサイトを作成する際には、有料のレンタルサーバーや独自ドメインの契約が必要になってきます。

WordPressでサイト運営するためには避けられないコストですが、それだけメリットもあります。

まずは、必要に応じてホームページを他のレンタルサーバー会社に移すことができます。このとき、独自ドメインでなければ今までと違うドメインに変えなければなりません。少なくともアドレス語尾が変わってしまいます(携帯電話会社を変えるとメールアドレスが変わるように)。

独自ドメインを使っていれば、どこのレンタルサーバー会社に移したとしてもこのような事態は避けられます。

また、独自ドメインを管理している会社を「ドメイン移管」という、ドメインの管理自体を違う会社に移すことができます。

レンタルサーバー会社にしても、ドメイン管理会社にしても、倒産したりサービスが中止されたりすることはありうることですので、ホームページがなくなってしまう、今までのドメインが使えなくなってしまうリスクを回避することができます。

さらにWordPressを使ってブログサイトを作れば、無料のブログサイトのように勝手に広告が入ったりしないし、逆にこちらから広告貼り付けの設定をすれば、広告収入が得られる可能性もあります。

お勧めのレンタルサーバーはについてはこちらもご参考にしてください。

2つのWordPressにご注意!WordPress.comとWordPress.orgの違い

格安ホームページ制作のEM Web Createです。
スキルマーケット・ココナラでWordPressサイトの制作を承っております。

これまで、多くの皆様からWordPressサイトのカスタマイズのご依頼を受けてきましたが、ご依頼者様からWordPressのアカウントを教えていただき、いざ製作しようとWordPressのログイン画面を見て、おや?いつもと違うぞ、ということがたまにあります。

よく見ると、WordPress.comのログイン画面。

紛らわしいですが、WordPressには、インストール型のWordPress.orgとサーバーとブログサービスがセットになったWordPress.comが存在します。

WordPress.comはブログサービス

WordPress.comは、サーバーやドメインを別に用意しなくても気軽に利用できるブログサービスです。無料でも使えて、月会費を払えば独自ドメインも使えるようになります。ワードプレスを無料で試してみたい場合や趣味のブログなどでしたらこれでもいいかもしれません。ですが、使えるテーマやプラグインも限られていますし、いろいろなものが有料だったりします。

本格的にホームページを作るならWordPress.org

一般的にワードプレスと言えば、インストール型のWordPress.orgのことを指すことが多いと思います。こちらはインストール自体は無料ですが、インストール先となるサーバーとドメインを別途用意する必要があり、初心者の方には少し敷居が高いように感じるかもしれませんが、後々のこと、拡張性、自由度を考えると、企業サイトやお店のホームページをお考えの方は、インストール型のWordPress.orgがお勧めです。

当、EM Web CreateのWordPressを使ってのホームページ制作は、このインストール型WordPress.orgを対象にしております。ご依頼の際は、お間違いのないようにお願い申し上げます。

WordPressサイト格安ホームページ制作 ー EM Web Create安さの秘密

こちらは、格安WordPressサイト制作のEM Web Createです。

通常、ホームページ制作会社にワードプレスサイトの制作を依頼したとすると、

  1. ご依頼者から直接のヒアリング
  2. サイト構成、文章や画像などの作成・選定
  3. ページのレイアウト・デザイン
  4. ロゴやバナーの作成
  5. 静的サイトのコーディング
  6. ワードプレステーマの作成
  7. 静的サイトをワードプレスに落とし込む

などのような作業が必要になってきます。もちろん、しっかりした業者に頼めばクオリティの高いホームページを制作できるとは思いますが、それだけコストも掛かり、制作費何十万、管理費何万ということも珍しくはありません。

格安でWordPressサイトを制作できる理由

EM Web Create ココナラ・コミコミ3万円プランでは、上記のような制作過程を大幅に削減し、

  1. ご依頼者からご希望のイメージをいただく
  2. サイト構成、文章、画像、ロゴなどの資料をいただく
  3. ワードプレスの無料テーマを利用しベースを作成
  4. プラグインや追加CSS、HTMLなどでカスタマイズ

このような流れで製作しております。また、必要に応じて、画像の修正、簡単なロゴやバナーの作成も行っております。

基本的にはこのような流れで作業いたしますので、ホームページを低コスト、短期間で製作すること出来ます。

こちらのホームページもすべて無料のテーマと無料のプラグイン、HTMLコードと追加CSSで作成しております。

既存のテーマのカスタマイズになりますので、レイアウトやデザイン、機能などにはある程度限度はありますが、出来る範囲でご依頼者様もご要望に沿うようオリジナリティのあるサイト制作を心がけております。