【SEO対策】実店舗のある会社・お店のための対策

格安ホームページ制作のEM Web Createと申します。
WordPressを使った、個人事業や中小企業、お店などのホームページ制作を承っております。

折角ホームページを作るのだったら、GoogleやYahoo!の検索結果が出来るだけ上位に出てきてほしいですよね。

そのためのSEO対策というと、何か難しいことをやらなければならないと思われるかもしれませんが、実店舗のある会社やお店がホームページを作る際に、最低限やるべき対策についてご案内したいと思います。

地域キーワードの必要性

たとえば、あなたが近くの整体院などを調べるときどうしますか?昔でしたら、電話帳などを開いて調べたかと思いますが、今ならきっとスマホで、「地域名 整体院」や「地域名 整体」などで検索すると思います。それが「地域キーワード」です。

実店舗のある会社やお店の場合、その周辺の地域が集客の対象になりますので、その地域からホームページをアクセスしてもらう必要があります。

多くの人が「地域名 ○○(業種)」と検索してお店やその地域のビジネスを調べていますので、営業エリアの地域キーワードを対策して、上位表示させることが必要です。

極端ですが、ものすごくSEO対策して、検索ワード「○○(業種)」で100位を取るよりも、「地域名 ○○(業種)」で1ページ目に表示される方が、はるかに集客に効果的だと思います。

タイトルタグ、ディスクリプション、コンテンツに地域名・業種を含ませる

「検索してほしいキーワードはこれなので、このキーワードで検索されるように設定してください。」と言われることがありますが、メタキーワードと言われるキーワードを設定する項目は、最近の検索エンジンでは、無視され効果が無いといわれています。

ですので、キーワードとなる地域名や業種は、ホームページの文章などの中に自然に見えるように含ませる必要があります。

特にホームページのタイトルタグやディスクリプション(説明文)に含ませるのは重要です。
整体院のホームページであれば、「○○市の整体院△△(店名)」など、地域キーワードを含ませたタイトルタグにすることによって、検索エンジンに、このホームページは○○市の整体に関係するサイトであると認識してもらえます。また、ディスクリプションタグも同様に、地域キーワードを含ませ記述しましょう。

見出しタグやテキストの中にも、自然な流れで、詰め込みすぎないように地域名・業種を含ませるようにしましょう。

とは言え、地域名・業種を入れれば必ず検索結果が上位に来るというわけではありません。あくまでも、ホームページの内容が充実していて、ユーザーにとって有益だと検索エンジンが判断したときに順位が上がってくると言われています。

Googleマイビジネスに登録する

ホームページの施策とは別にGoogleマイビジネスというものがあります。
Googleマイビジネスとは、Googleが提供している無料のローカルビジネス登録サービスです。

Googleで「地域名 業種」などで検索された際に検索結果の上部にGoogleマップが表示され、その地域の関連する店舗が表示されます。

Googleマイビジネスへの登録がなくても店舗情報が検索結果に出ることはありますが、これは一般ユーザーからの情報提供によるもので正確なデータではないこともありますので、自店舗がすでに登録されていて不正確な情報があったら修正しましょう。

Googleマイビジネスは、検索結果で上位に表示される割に、登録してるライバルが少ないので、実店舗のあるお店や会社には、集客が期待でき、大変お勧めです。

Googleマイビジネスの登録はこちら

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/