【EM Web Create】ホームページのリニューアルをお考えの方へ

格安ホームページ制作のEM Web Createと申します。
スキルマーケット・ココナラでWordPressサイトの既存テーマをベースにカスタマイズを施してのホームページ制作を承っております。

おかげさまで多くの方々からご依頼をいただいておりますが、まったくの新規でホームページを作りたいという方は半数くらいで、現在ホームページを持っていて、それをリニューアルしたいというかたも半数くらい、いらっしゃいます。

もちろん、新規だけでなくホームページのリニューアルも受け付けておりますが、現在のホームページがどういったものかによって、リニューアルの仕方が変わってきたりします。

【リニューアルその①】WordPressサイト→WordPressサイト

今までのホームページもWordPressでリニューアル後もWordPressサイトの場合です。

現在のホームページが製作途中の場合などは、そのまま現在お使いのWordPressを使って、テーマの変更やデザイン、レイアウトの変更、コンテンツの制作をさせていただきます。ただしこの場合、作業期間中は一般ユーザーが見れないようにメンテナンスモードにさせていただきますので、ある程度ホームページが閲覧できない期間ができてしまいます。

もう一つのパターンが、現在のホームページのサブディレクトリにもう一つWordPressをインストールさせていただき、そこで新しいホームページを制作し、完成したのちに、WordPressのサイトアドレス変更とFTPでのファイル操作とファイルの書き換え作業を行い、今までのドメインで新しいホームページが表示されるようにします。
この場合、FTPでのファイル操作・書き換えが必要になってきますので、WordPressのID、パスワードとは別に、FTPで接続するための情報または、レンタルサーバーのID、パスワードなどを教えていただく必要があります。

FTP情報やサーバーの情報を教えていただけない場合、ご依頼をお断りする場合がございますのでご了承ください。

【リニューアルその②】静的HTMLサイト→WordPressサイト

HTML/CSS、JavaScriptなどで書かれた静的なホームページからのリニューアルです。

こちらも基本的にレンタルサーバーのID、パスワードを教えていただき、現在のホームページのサブディレクトリにWordPressをインストールして、新しいホームページを制作し、完成したのちに、FTPでファイル操作・書き換え作業を行い、今までのドメインで新しいホームページが表示されるようにします。

もしくは、当方の作業用のサーバー・ドメインでホームページを制作し、完成したのちに移設する場合もあります。

【リニューアルその③】WixやJimdoなど→WordPressサイト

WixやJimdoなどのホームページ作成サービスからのリニューアルです。

無料プランなどで独自ドメインを使っていない場合、そもそも同じドメインを継続できないので、ドメインから新規に取得して作り直しになります。

独自ドメインを使用していて継続利用した場合、WixやJimdoを解約する前に、ドメイン移管の手続きをする必要があります。

新たにドメインの移管先となるドメイン管理会社と契約をして、移管の手続きをする。
レンタルサーバー会社と契約する。
ドメインとサーバーを紐づける(ネームサーバーの設定)。
あらかじめ制作しておいたホームページを移設する。

と言った作業が必要で、ドメイン移管自体に時間がかかるので、かなり手間と時間がかかります。

ホームページのリニューアルをお考えの方は、EM Web Createにご相談いただければと思います。